「教育費贈与」非課税になる教育資金とは?

 

 

こんにちはFPの奈良です。

今回は教育費の贈与について少しお話します。

 

この度政府は「教育資金の一括贈与に関わる贈与税非課税制度」を創設しました。

同制度は祖父母が子や孫に教育資金を贈与する場合、子や孫が30歳未満であれば、1500万円までは贈与税が非課税となる制度です。

ちなみに学校等以外に支払われるものは500万円まで非課税です。

 

1500万円の中身ですが入学金、授業料、受験費用、給食費、修学旅行費、学用品の購入など学校にお支払いする費用が対象となります。

 

また学習塾や習い事は500万円までが非課税の対象となります。

 

ところで、この制度ですが今年初めてできた優遇制度のような印象ですが実は以前から非課税の教育費贈与というのはあったんですね。

 

ただし以前の制度は、例えば孫の入学金を贈与する場合、祖父母が直接教育機関に支払わなければならなかったんです。

 

それが今回は信託銀行などに一括でお金を預け、その口座から孫(子)が教育費として使っても贈与非課税が適用になったんです!

 

これによりどのような違いが生まれるかと言うと、以前は祖父母が直接、払わなければならなかったので、存命中でなければ非課税贈与は出来なかっのが、今年からは一旦信託銀行に預けてしまえば仮に祖父母が亡くなっても非課税贈与が可能になったんですね!

 

ただし、孫が30歳になるまでに預けたお金を使い切らないと残額は課税対象になるそうですからご注意を!!