血圧について

 

血圧とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご存知のとおり心臓は、ポンプのように収縮と拡張を繰り返すこと  によって、体中に血液を送り出しています。  血圧とは、血液が血管の中を通るときの、血管にかかる圧力のことです。
 心臓ポンプの動きに従って、血管にかかる圧力は変化します。
心臓ポンプが収縮して、血液を押し出したときの血圧「最高血圧」で、反対に心臓ポンプが拡張して、圧力が低くなる時の血圧を「最 低血圧」といいます。
 
  正常な血圧は、「最高血圧」130mmHg未満、「最低血圧」85mmHg未満です。

もっとも、血圧はさまざまな影響を受けて変化していす。
たとえば、
○午後中は、午前よりも高い
○食後は、食前よりも高い
○運動後は、運動前よりも高い
○熱い風呂に入った後は、入る前よりも高い
○お酒を飲んだ後は、飲む前よりも高い
~という具合です。

なかには、お医者さんの白衣を見て緊張した後は高くなる、という場合もあるようです。

したがって、平常時の血圧を知るためには、朝と夕方の2回、食前のリラックスした状態で計りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高血圧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高血圧とは、血管に強い圧力がかかりすぎている状態のことをいい ます。 「最高血圧」140mmHg以上、「最低血圧」90mmHg以上になると高血圧と呼ばれていす「最高血圧」「最低血圧」のどちらが高くても高血圧です。
 
  高血圧には自覚症状がほとんどなく、静かに進行します。このため高血圧は「サイレント・キラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれてい ます。
 
 血管を流れる血液の圧力が高くなると、血管が傷みやすくなります。
また、血液を高い圧力で送り出さなければならなくなる心臓に、余分な負荷がかかります。
 
高血圧は何年もかけてじわじわと進行するため、放置しておくと合 併症を引き起こし、突然死を引き起こすという厄介な病気です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
血圧を安定させるために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
血圧の安定は、毎日の生活習慣の見直しが欠かせません。日常生活から、高血圧を予防しましょう。

★運動をする
有酸素運動、つまり「身体にある程度負荷をかけながら、長い間継続して行う運動」が効果があります。
ジョギング、ウオーキング、サイクリングなどは、持久力の向上に役立つだけでなく、糖や脂肪の代謝を改善しす。

★野菜・果物をたくさん食べる
野菜や果物には血圧を下げる働きのあるカリウムが多く含まれていますので、積極的に食べるよう心がけましょう。
パセリ、ほうれん草、かぼちゃ、トマト、バナナなどが特に効果がります。

★塩分をひかえる
 インスタント食品や、加工食品には、意外に大量の塩分が含まれています。
インスタントラーメンは薄めに作る、スープは全部飲み干さない、などできることから気をつけてみましょう。

★ダイエット
太りすぎは、血圧を上げるだけではなく、生活習慣病の危険因子と  なります。 血圧を安定させるためには、「運動」をして「野菜・果物」をたくさん食べ、 「塩分のとりすぎ」と「太りすぎ」に注意しなければなりません。