Christmas

白河西郷店の飯島です。

本日はクリスマスですね!

皆さんはクリスマスの由来についてご存知ですか?

 

クリスマスとは、イエス・キリストが今から約2000年前にベツレヘムの馬小屋でお生まれになったお誕生日を祝う「キリストの降誕祭」です。

しかし、イエス・キリストの誕生日に関する記録は残されていないため、正確な日付けはわかっていません。

初期の頃には様々な日に祝ったようですが、時が流れるにつれ、1225日に祝われるようになり、4世紀にこれが確立したそうです。また、ローマでは12月の冬至に太陽を祭るお祝いをしていました。

ご存知のとおり、北半球で一番昼が短くなるのが冬至です。

冬に向け次第に短くなってきた昼が、この日を境にまた長くなっていきます。

つまり、勢いの弱まってきた太陽が冬至に再び力を取り戻し、光りが蘇るということを祝っていたのです。さらに、273年になると、時のローマ皇帝アウレリアヌスは1225日を太陽神の誕生日と定めました。イエス・キリストは『正義の太陽』『世の光』と呼ばれていることから、336年、当時の教会はこの祭日を利用してイエス・キリストの誕生を祝う日と定めたということです。

また、当時のローマでは、太陽神を崇拝する異教が大きな力を持ち、1225日を太陽神を祭る祝祭日としていました。そこで、初代キリスト教の指導者達が、異教徒との対立や摩擦を生むことなく異教徒にキリスト教を広めるために、1225日をクリスマスとしたようです。

 

クリスマスの語源は、ラテン語「クリストゥス・ミサ」の略で

Christ(キリスト)mas(礼拝)を意味します。

XmasX(ギリシャ語で「Xristos」の頭文字)+mas(礼拝)

Xristos(クリストス)は「油を注がれた者」という意味で、「救世主」「キリスト」を意味します。

ChristmasXmas

X'masとアポストロフィを入れるのは間違いで、「Xmas」もしくは「X-mas」と書くのが正しいようです。

 

Merry Christmas.